農家を始めようと思う人に。リアルな経験に基づく、よりよい情報を。

最新情報NEWS



農家になろうと背中を押してくれた事実

農家になろうと背中を押してくれた事実1

「農家になりたいけど、やっていけるかどうか不安」
「農業をやめてく人が多いけど大丈夫かな」
って思ったことありません?

自分も学生時代そうでして、結構漠然とした不安がありますよね。
「将来家族をもっても、農業でやっていけるのかな?」
って思ったり。

そんな中、農家としてやっていこうと思えた事実がありまして、それきっかけで「この道進もう!」って決断できました。

ですので、今回の内容を聞いていただくことで、
農家になりたいあなたの気持ちがより強くなって、
あなたの理想とする農業を実現する一歩が踏み出せたらとおもってます。

農業を仕事にしようか迷っているあなた、
周囲の声で押しつぶされそうなあなた
にとって参考になれば幸いです。

背中を押してくれた事実

先に結論をお伝えしますと、

  • 同級生の実家が農家
  • 80代まで農家

ひとつずつ、みていきます。

同級生の実家が農家

どういうことか?っていうと、
僕は私立の中学、高校、そして国立の大学、大学院にいたんですけど、
かならず実家で農業やってる同級生がどの段階でもいました。

いまでこそ本当に身に沁みてわかりますが、
私立の中高とか公立と比べてかなり高いじゃないですか。

でも専業農家で私立の中高に子供を行かせられるんだって思ったんですね。
その同級生の実家はいちごハウスをやってたんで、農業やってると「ああ、たしかに儲かってそう」ってわかります。

また、国立の大学、大学院でも実家が野菜農家だったり、ぶどう農家だったりする同級生もいました。

確かに夏休みとか実家帰って、畑を手伝わなきゃいけないとか言ってましたけど、
でも国公立の大学まで子供を行かせられるんだっていう事実に気づいたんですね。

それがかなり僕の中でも、決断できる大きな要因でした。

これが一つ目、同級生の実家が農家の内容です。

農家になろうと背中を押してくれた事実2

80代まで農家

これはわかりますよね?
ご高齢になっても農家をやっているという事実です。

ここから僕はさらに2つの勇気をもらいました。
それが次のとおりです。

  • 収入面
  • 体力面

ひとつずつみていきます。

収入面

若いときから始めて、死ぬまで農業をずっとやれているってすごいなぁって思ったんですね。
それで生活してきたわけですから。
「仕事がない。どうしよう…」っていう心配も自営なんで無くていいわけですし、
ずっと慣れ親しんだ仕事、農業で生きていけるのは心強いって思いました。

定年後も仕事は大変だと思うけど?

これ、人によって捉え方様々ですが、
定年後でも仕事、収入の道があるっていうのはやっぱ心強いって思っちゃいます。

今でも定年が65歳とかになって、定年後でも輝ける社会に!って国は後押ししてますけど、
完全に年金だけじゃ生活できないから、なるべく長く働いて稼いでねって言ってるようなものです。

ましてや僕世代とかは、年金はもらえないものだと思ってますんで、
それがずっと収入の道があるっていうのは、やっぱ大事だって思っちゃいます。

農家になろうと背中を押してくれた事実4

体力面

僕はヒョロメガネなんで、体力には全く自信がありませんでしたけれども、
80代になればさすがに20代よりも体力は少ないですよね。
でも農業してる事実があります。
ここから80代の体力であっても、農業できるんだって気付かされたんですね。
ちょっと語弊がありますけど。

これは農業やってからの話ですけど、
もちろん、「若いときからやっているから」80代まで農業できてるんですよね。
それでも定年後65から実家のぶどう継いで86まで現役でやってる人います。
これだけで農業歴21年。僕を上回ってます。

そこまで畑の面積できるの?

確かに若いときほどは動かないにしても、でも80代のおじいちゃんの農家を見てると、
普通にそれなりの面積をやってて、夫婦で食べていくには十分ぐらい出来てるんですね。

なので、年齢を重ねても農業やれてるという事実は、かなり心強かったです。
これが2つめ、80代まで農家の内容です。

農家になろうと背中を押してくれた事実3

農業始めて確信した事実

ここまで聞いて、「いや、それでも農家になろうかいまいち決断つかない…」って思うかもしれません。
なので、まだあります。それが2つ目のチャプター、農業始めて確信した事実なんですけど、何が確信したか?って農家でやっていけるってことです。

それは何か?

  • 周りの農家さん売上4桁超えてる
  • お子さん私立の大学

周りの農家さん売上4桁超えてる

果樹の話ですが、大体僕が初年度の売上が200万でした。(手取りで140万)

なので「売上1000万円とかいくのかな??」って思ってましたけど、
周りの農家さん4桁超えてる人が多かったんですよね。

果樹の場合、売上がそこそこあれば生活できるんですが、
ましてや4桁あるとなると、それはかなり稼いでると思います。
(野菜だと利幅が小さいので、売上を上げないといけませんが)

お子さん私立の大学

地主さんの話なんですが、ぶどう農家やっていて娘さんを私立の医大へ行かせてました。
かなり学費がかかるかと思いますが、それでも「行かせられるんだ」って思わされました。

同時に、僕がいた法人の娘さんも私立の音大、グランドピアノも購入、防音のマンション…といった具合に、お金かけてました。

本当にやり方次第で、子供を大学まで行かせられるんだってことを認識しました。

終わりに

いかがでしたか?

こんな感じで、農業にプラスになりそうなことをコンテンツにしています。
あなたにとって、僕のこれまでの学びや経験、考えが参考になれば幸いです。

それではまた別のコンテンツでお会いしましょう。
終わります。 

308人の購読者に加わりましょう

「もっと、農業に夢中になっちゃおう。」
みなさんに、もっと、農業に夢中になっていただきたい想いで、
いろんな農業に関する情報発信をしています。
【ゆびあぐり】のSNS一覧
https://lit.link/yubiagri

ご覧いただきまして、ありがとうございました。

written by 農業、始める


PAGE TOP