農家を始めようと思う人に。リアルな経験に基づく、よりよい情報を。

最新情報NEWS



動力噴霧機の正しい使い方と手順【初心者向け】

動力噴霧機で防除したすももの木

今回は、動力噴霧機の使い方という内容です。
みなさんの中で、「農薬散布、初めてだ!」という方や、
「でも使い方が分からない…」という方いませんか?

今回の記事をご覧いただくことで、使い方がわかるようになります。

308人の購読者に加わりましょう

動力噴霧機の使い方

作業順に6つの項目にわけます。

  • 軽トラの荷台に乗せるもの
  • 確認すること
  • エンジンのかけかた
  • 噴霧のしかた
  • 終わるとき
  • 洗うとき

軽トラの荷台に乗せるもの

  • 水のタンク
  • 動噴
  • ホース

ホースをタンク内に入れたとき、必ずホース類は束ねてください。
また、タンク自体にもくくりつけておくと安心です。

動力噴霧機で散布したあと、畑でBBQ

確認すること

  • 調圧弁ハンドル「始動」の位置(立てる)
  • 圧力調整ニギリは「0」
  • 元コック閉じる
  • ドレンプラグ締める
  • ノズルコック締める

エンジンのかけかた

  • スイッチオン
  • スロットルレバーを「半開」
  • チョークレバーを「全閉」ただし、エンジンが温まっているときは「開」
  • リコイルスタータグリップを引く(※2、3回スターターを引いても始動しない場合は、燃料の吸いすぎになって、始動しにくくなる。)
  • エンジンがかかったら、チョークを「開」で。

始動後は、スロットルレバーを低速側にしてから3〜5分ほど暖気運転してください。

動力噴霧機で防除したスイートコーン

噴霧の仕方

  • スロットルレバーを「高速」
  • 調圧弁ハンドル「加圧」にする
  • 圧力調整ニギリを回して、好きな圧力にする。(2.0でやってます)
  • 元コックを開く
  • 先コックを開く
  • ノズルから噴霧開始

終わるとき

  • ノズルのコックを閉じる
  • 元コックを閉じる
  • 圧力調整ニギリをゼロに。
  • ハンドルを「始動」にする
  • スロットルレバーを「低速」にして2、3分クールダウン(エンジンの寿命が長くなる)
  • エンジンスイッチをオフ

これまでの逆の順序です。

洗うとき

  • 薬液は畑に捨てる。
  • ホース類をタンクから出す。
  • タンク内をよく洗う。
  • タンクに水を入れる。
  • 吸水ストレーナーのみ、タンクに入れる。(排水ホース、攪拌排水ホースは外へ。ノズルも開いた状態で外へ)
  • エンジンをかける。
  • スロットルレバーは「低速」
  • しばらく、薬液がなくなるまで(透明な水になるまで)排水を続ける。

この間に、軽トラ洗ったり、レインコート洗ったりしています。

無くなったら、
タンク内の吸水ストレーナーを取り出します。
ホース類から水が出なくなったら、エンジンを停止。
ドレンコックを開けておきます。
ホース類は動噴本体から外しておきます。

以上が、動力噴霧機の使い方と手順でした。
続いて、農薬散布に関しての補足を付け加えます。

動力噴霧機を使用したときの長靴

補足

農薬散布するときの服装

  • ゴム手袋
  • 長靴
  • 農薬マスク
  • 帽子
  • レインコート(その他)
  • ゴーグル

散布のしかた

畑の奥から、散布をしていきます。
理由としては、先にホースを出しちゃえば、楽になるからです。
畑の手前からやると、その都度ホースをひっぱったりしなきゃいけなくなりますので、手間です。

終わりに

いかがでしたでしょうか?

こんな感じで、農業にプラスになりそうなことをコンテンツにしています。
参考になりましたら幸いです。

「もっと、農業に夢中になっちゃおう。」
みなさんに、もっと、農業に夢中になっていただきたい想いで、
いろんな農業に関する情報発信をしています。
【ゆびあぐり】のSNS一覧
https://lit.link/yubiagri

ご覧いただきまして、ありがとうございました。

written by 農業、始める

308人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP